2013年11月6日ノルウェーの高校生が会社訪問にきました。

ノルウェー、ダニエルセン高校選抜クラスの皆様と校長先生、引率の先生2名が会社訪問にいらっしゃいました。
ベルゲンに本社のある弊社取引先であるレロイ社の近所の高校生たちは日本訪問に先立ちレロイ社を訪問し、対日本のサーモンの取引と 日本の商習慣について学んだあと、今度は弊社本社にて日本側からみたサーモン取引とノルウェーの商習慣について学ぶという、 これまでにない社会見学の形を体験しました。

水産業はノルウェーにとって石油に次ぐ第二位の輸出産業。対日本でみた場合には水産品は最大の輸出品。
ノルウェーのサーモンがどのようにして日本人に親しまれるようになったのか、オーシャン貿易がこれまでのノルウェーとの取引で苦労したこと等、 質問が後を絶ちませんでした。

最後はみんなでオーロラサーモンと日本産の鰤のお寿司を美味しく頂きました。
良い思い出を持ち帰り、遠い将来に日本とノルウェーの水産業の懸け橋になってくれたら、これ以上に嬉しいことはありません。

2013年一覧へ戻る