環境のために

Environment

小さなことからコツコツと。
継続が大きな変化を生む

オーシャン貿易の環境への取組みをご紹介します。

1

KESの取得への取組

環境マネジメントをするにあたりオーシャン貿易では、地元京都発祥のKES Kyoto Environmental Management System Standard という規格を採用することにしました。2022年3月までの取得を目指します。

2

ASC/MSC認証

ASC認証
MSC認証

オーシャン貿易は、世界の海洋環境に配慮し、持続可能な方法で水揚げ、または養殖された水産物であることを示す国際認証、MSC/ASC認証を取得した水産物を扱っています。

  • ASC CoC認証商品

    オーシャン貿易は、世界の海洋環境に配慮し、持続可能な方法で水揚げまたは養殖された水産物であることを示す国際認証、MSC/ASC認証を取得した商品を扱っています。サーモンの輸入者としては日本で初めてASC CoC認証を取得しました。

3

三枚おろし(フィレー加工)した魚を
輸入することで、エコな水産流通を実現

サーモン
before
サーモン
after

現地でフィレー加工することにより、日本で廃棄していた頭・骨・皮などを輸入しないため、以前より航空燃料とゴミを約40%削減することができています。

再生可能エネルギー
4

再生可能エネルギーの
農業のコラボレーション

農地で太陽光発電をする場合、農地法により太陽光パネルの下で農業をする必要があります。 太陽光パネルの下は日陰になるので、栽培できる植物が限定されますが、その中でもっとも収益性が高いと言われるのがブルーベリーです。 私たちがブルーベリーの栽培関連商品を販売することにより、微力ながら再生可能エネルギーが増え、温室効果ガスの削減に寄与できればと考えています。